新型コロナウイルスの影響が拡大しているイタリアでは、セリエAを含めた全スポーツイベントが4月3日まで中止されることになった。

現地の様子はこのような感じになっているようだ。

隔離施設内の様子も(以下動画1分39秒~)。

セリエAは無観客での開催を続けていたが、ついに中断が決まった形だ。『Tuttobolognaweb』によれば、日本代表DF冨安健洋が所属するボローニャは無観客試合となった場合に(シーズンチケットを購入していた)ファンへの払い戻しを準備してたという。

直接的な払い戻しや来季チケットの割引などの選択肢を検討していたそう。ただ、多くのファンから払い戻しを断るメッセージが届いているとか。クラブが自由に使っていいという声が多く寄せられたという。

また、『sportface.it』によれば、地元も病院を助けてほしいからと払い戻しを拒むシーズンチケットホルダーもいたそうだ(払い戻しではなく病院への寄付を)。