現在ヨーロッパで猛威を振るっている新型コロナウイルス。イングランド・プレミアリーグもその影響で中断を余儀なくされている。

そこで、一つ大きな動きに出たのがチェルシーだ。中断前の試合ではエヴァートンを4-0と撃破しており、メイソン・マウントが素晴らしい先制点を決めていた(動画37秒~)。

『Guardian』によれば、チェルシーのオーナーを務めるロマン・アブラモヴィッチ氏は、今回本拠地スタンフォード・ブリッジにあるミレニアム・ホテルを医療関係者に無料開放したという。

新型コロナウイルスと戦う医療関係者の労働は極めて厳しい状況にあり、24時間体制での仕事が続いている。帰宅が困難になることもしばしばだそう。

そこでアブラモヴィッチ氏はホテルを彼らに向けて開放し、2ヶ月分の宿泊費を肩代わり。ロンドン北西部で仕事をする医療スタッフが自由に部屋を使うことができるとのこと。

また、マンチェスター・ユナイテッドのOBギャリー・ネヴィルとライアン・ギグスが共同経営する2件の宿泊施設、ホテル・フットボールとストック・エクスチェンジ・ホテルも同じく医療スタッフ向けに全部屋を開放することを決めたそう。

イギリスでは新型コロナウイルスによってこれまで104人の死亡者が発生しており、金曜日からすべての学校が閉鎖されている。