先日新型コロナウイルスに感染したことが明らかになったエヴァンゲロス・マリナキス氏。オリンピアコスとノッティンガム・フォレストのオーナーである彼が陽性と判定されたことは大きな話題になった。

彼は2月末のヨーロッパリーグでアーセナルの本拠地エミレーツ・スタジアムを訪問していた。

こんなオーバメヤングのミスで、オリンピアコスは辛くも勝利を収めていたが…。

それからおよそ15日が経過し、マリナキス氏はノッティンガム・フォレストの公式サイトでこのように報告している。

エヴァンゲロス・マリナキス

「完全に対処した2週間後、2回目のテストを受けた。全ては陰性になっていたよ。

私はギリシャの医療システムやドクターにさらなる感謝を伝えなければならないよ。その治療と助言にね。

彼らは緑と白のコートを着たヒーローだ。2時間年中無休で対応している英雄だ。仲間、友人のため。無限の愛と無私無欲でね。

この短い冒険を体験したことで、メッセージを伝える義務を背負ったことを感じている。自分自身や家族を守るために家にいる価値はある。

我々の生活に侵入するウイルスを止めよう。コミュニティを、公衆衛生を守り、そして病気の蔓延を止めよう。

不注意になったり、わがままになるような余地はない。規律を保ち、政府や専門家と団結する必要がある」

二週間の療養によってほぼ完全に回復することができたと報告したマリナキス氏。

またそれによって多くの人々にメッセージを伝える義務を感じるようになったとのことで、もうしばらく自宅での隔離生活を続けてほしいと訴えたようだ。