新型コロナウイルスの影響によって開幕が延期されており、未だ試合が行えない状況になっている中国リーグ。

多くのクラブがすでに経営破綻の状況となっており、2部では広東華南虎、四川隆発、上海申鑫の3チームが解散。所属した選手は全員がフリーエージェントとなっている。

さらに、現在もう一つ問題になっているのが遼寧FC。昨年2部で15位となったこのチームは、今解散の危機にあるとのこと。

その事実を『Reuters』に明かしたのがザンビア代表のFWヤコブ・ムレンガ。ユトレヒト時代にはアヤックスを相手にこんなゴールを決めた選手だ(動画2:23〜)。

ユトレヒトではエースクラスの選手として活躍し、2014年にトルコのデミルスポルへと移籍。次年度に中国へ渡り、一昨年遼寧宏運(当時)に加入している。

ただ、この遼寧宏運は昨年経営危機に陥り、今年中国サッカー協会に提出した財務表に不正があったとして倒産直前の状況に。

現在まだ2部リーグに参戦継続できるかどうかの結論が出ておらず、選手たちは宙ぶらりんに。

ヤコブ・ムレンガはインタビューに対して以下のように話したそうだ。

「2019年はずっとクラブから給料を受け取っていない。遼寧に来てから問題は始まった。

誰もが中国サッカー協会の決断を期待しているが、まだ結論が出されていない。それはみんなを無茶苦茶にしておくものだ。

現状ではどうやって他のクラブに行けば良いのか?契約上フリーなのかどうかすらもわからない。

ウイルスが流行しているため全員が拘束状態にあり、外に出て仕事を見つけることもできない。2018年を最後に給与ももらっていない。

倫理委員会は何をやっているのか。FIFAにも中国のサッカー協会にも手紙を送ったが、誰からも返事はない。とにかく何らかの決定を下してくれ」

かつては「爆買い」とも呼ばれた中国リーグ。多額の投資が注入されて急速な成長を遂げたが、その一方ですぐに解散してしまうクラブも…。

それによっての影響を最も大きく受けるのは選手たち。ムレンガはなんと1年以上に渡って給与をもらっていないとか。