2007年にバロンドールやFIFA年間最優秀選手賞などを総なめにしたブラジル代表カカ。

その彼が13年前の2007年の4月24日に決めた超絶ゴールがふたたび話題になっている。

オールド・トラッフォードでマンチェスター・ユナイテッド相手にやった超ゴールがこれ!

ジダのキック一発からカカが3人を翻弄して楽勝ゴール!これはえぐい…。

【関連記事】ブラジル代表、史上最高の「イケメン」は誰?10人を選んでみた

25歳と全盛期にあった当時のカカはユナイテッドとの準決勝2試合で3ゴールと大暴れ。ミランは決勝でリヴァプールを撃破してCL優勝を成し遂げた。

後年、カカ本人も「CLで最も重要だったゴールは2007年のユナイテッド戦での2点目。自分にとっても信じられないようなゴールだった」と語っている。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら