この冬にアーセナルがローンで獲得したスペイン人DFパブロ・マリ。

若くしてマンチェスター・シティに引き抜かれた彼は地元スペイン、オランダ、ブラジルを経て、“逆輸入”された変わり種だ。

そのパブロ・マリが『Reddit』のユーザー質問に答える「Ask Me Anything」に登場。その一部を抜粋してみる。

パブロ・マリ(アーセナルDF)

「(アーセナルに来る前に一緒にプレーしたなかで最も才能があった選手は?)

4,5人かな。例えば、オランダではNACで一緒だったアンヘリーノとマヌ・ガルシアだ。

彼らと一緒にプレーするのは本当に嬉しかった。アンビリーバブルな選手たちだったからね。

フラメンゴにも物凄い選手たちがいたよ。エヴェルトン・ヒベイロ、ホドリゴ・カイオ、ブルーノ・エンヒキ、そして、ガビゴルもだ。

だから、自分はこの数年で本当のトップ選手たちとプレーしてきたと言えるね。

アーセナルに加入する前に物凄い才能があると思っていたのは、オーバメヤングやペペ、ラカ(ゼット)、ダニ(・セバージョス)ら3,4人だった。

でも、ここにきて新しいチームメイトたちを見てみると、凄い才能を持った選手たちはもっといたよ。

技術的な才能だけじゃなく、戦術的才能、精神的才能、ピッチ上でのキャラクターなどもね。

でも、そういったことはロッカールームの中に入ってみないと分からないものなんだ」

「(これまで対戦したなかで最高の選手とその理由は?)

現時点ではリヴァプールの3人のストライカーだと思うよ!

サラー、マネ、フィルミーノ。あのスピード、インテリジェンス、キャラクターがね。

そういったものが最も重要であり、それによって彼らはトッププレイヤーになっていると思う」

「(お気に入りのバンドは?)

多くのバンドが好きだけど、断トツに好きなのはないかな。

お気に入りバンドは…クイーンとかAC/DCとか。

スペインのロックやポップロックも好きだよ。スペインポップやイングランドのポップも聞くので、どんな音楽も好きと言えるね」

彼は昨年末のFIFAクラブワールドカップ決勝でリヴァプールと対戦しており、最強3トップの怖ろしさを体感していたようだ。

そんなバプロ・マリもお気に入りだというAC/DCの名曲といえば、この「Thunderstruck」だ!

【関連記事】サッカーと音楽のコラボ!「世界的ミュージシャン」のユニフォーム姿まとめ

ゲーム前にテンションを上げるのにもうってつけの曲のはず。