パク・チソン

「僕らは素晴らしい時を過ごした。でも、選手生活をずっと同じ選手たちと過ごすことはできない。

2012年に僕はユナイテッドを去らなければいけなかった。自分にとっては、とても奇妙で、とても悲しく、とても難しいことだったね。

どの所属クラブよりも長い7年を過ごしたけれど、プレーするために退団しなければならなかった。

辛かったけれど、パトリスに伝えた…。本当につらかったよ!彼が本当に気の毒だった。

僕らは代理人が同じだったので、彼は何が起きているのが全て知ってはずさ。でも、(伝えるのは)簡単ではなかった。

彼はとても悲しがっていた。『誰とウォーミングアップをすればいいんだい?』って言っていたよ。

ずっと自分と一緒にやっていたからね。彼がユナイテッドにいる時はずっと僕が一緒だった。

全てを話し合い、2人とも悲しい気持ちになった。でも、最後は僕の幸運を願ってくれたよ。

僕らは友人のままで、数年後の結婚式にも来てくれた。

当時の彼はアメリカにいて、結婚式のために韓国に来て、すぐにフランスに戻るみたいな感じだった。

僕の個人的なイベントのために、彼は何度か韓国に来てくれているし、本当に感謝しているよ。

最近でもロンドンなんかで一緒になった時は食事をしている。電話やメールなどで連絡しているし、どこにいても関係性は強いままさ。

彼を見つけることは、自分の人生における最大の喜びのひとつさ。

パトリスは素晴らしいチームメイトだった。でも、正直なところ、それ以上だね。

自分にとって人生のなかで最高の友人だよ」

とにかく仲良しだったという2人。そんなパクとエヴラの仲良しウォーミングアップはこんな感じ!

【関連記事】 ぼくらがお世話になった「ウイイレ最強戦士たち」

それにしても、国籍が違うけれど、人生のなかで一番の親友というのは凄い…。