今季リヨンからスペインのレアル・ベティスへと移籍したフランス代表MFナビル・フェキル。

一時期はリヴァプールやアーセナルへの加入が噂された天才レフティであるが、過去の怪我の問題もあってかなりの安値でベティスへと移籍。その動きには各方面から驚きの声があがった。

なぜ驚きだったのか…というのはこのリヨンが投稿した「フェキルのTOP5ゴール」を見れば一目瞭然?

1分10秒~のゴールは、2017年のボルドー戦で決めた伝説的な「右足超ロングシュート」!ハーフウェーから逆足で決めるなんて…。

もちろん他のゴールも圧倒的な精度の左足から決められたとんでもないものばかりだ。

【関連記事】久保建英と同じ18歳!いま世界で最も期待される3人の「怪童レフティ」

今季はリーガ初挑戦ながら22試合で7ゴール6アシストを決めたフェキル。来季はどれだけその数字を伸ばしてくるか…。