昨年夏にガンバ大阪からオランダ・エールディヴィジのトゥウェンテに移籍した中村敬斗。

デビューとなったPSVアイントホーフェンとの開幕戦でなんと開始8分にゴールを決める活躍を見せた(動画3分13秒~)。

左サイドでボールを持ち、カットインからミドル!衝撃的なデビューとなった。

ただ、今季のウィンターブレイクを終えたあとはかなり出場機会が乏しくなり、現在は日本に帰国していると伝えられている。

トゥウェンテとの契約は2年のローンという内容だったが、『tubantia』によればクラブは現在それを打ち切るための交渉を行なっているという。

すべての当事者(トゥウェンテとガンバ大阪、そして中村敬斗だろうか)は、そのローン契約を打ち切る方法を検討しており、そのための手法を考えているそうだ。

【関連記事】是か非か、「J入りを断って欧州へ渡った日本人7名」とその現在

中村敬斗とガンバ大阪は2022年1月まで契約を残していると伝えられており、もしローンが打ちきりになるならばJリーグに復帰することになるはずだが…。