昨年フランスで行なわれた女子ワールドカップで4位となり、この数年の強化の結果が現れているイングランド代表。

なでしこジャパンもそのワールドカップでイングランドと対戦して敗れている。キャプテンの熊谷紗希が裏を抜かれて失点し、前半のうちにリードを許して…(動画20秒~)。

後半にも失点(動画1:26~)を喫し、最終的には0-2で敗戦。今年3月のシービリーブズカップでも0-1と敗れ、なでしこジャパンにとっては天敵のような存在になっている。

しかし、イングランド女子を率いていたフィル・ネヴィル監督が先日突如「契約が満了となる2021年夏以降は指揮しない」と宣言。

新型コロナウイルスの影響によってEURO女子選手権が2022年に延期されたこともあり、イングランドサッカー協会は今夏の段階で新監督を迎えることを決断した。

そして今回、イングランドサッカー協会は公式サイトに「求人広告」を掲載。なんと女子代表監督を公募することにしたのだ。

応募にはUEFA Aライセンス以上を所有していることが必須で、他にも様々な条件が提示されている。「我こそは」という方は、The FAの公式サイトを訪れてほしい。応募締切は6月30日となっている。

【関連記事】「名選手から名監督になったスゴい男」最新TOP5

イングランドサッカー協会は2016年にもU-21代表監督を公募したことがあり、エイディ・ブースロイド氏が選出されるまで100件以上の立候補があったそうだ。