白人警官に8分間も首を押さえつけられた後に死亡したジョージ・フロイドさん。

『New York Times』などはショッキングな事件の様子を伝えている(以下動画1分3秒~)。

警官らは偽造紙幣の通報を受けて駆け付けたというが、フロイドさんの首を8分間も抑え続けたという警官は起訴された。

この事件を受けて、サッカー界からもあらためて人種差別反対の声が上がっている。

【関連記事】現役Jリーガーもいるぞ…「最悪のタトゥーを入れた11人のサッカー選手」

そうしたなか、『Guardian』はワトフォードFWアンドレ・グレイのインタビューを掲載。彼は英国生まれながら、ジャマイカにもルーツがある選手だ。また、マルコム・X、マーティン・ルーサー・キング、ネルソン・マンデラらのタトゥーを背中に彫り込んでいる人物でもある。

と思う

頬の傷は2011年に刺された際に負ったもの。そのグレイは「ジョージ・フロイドだけの問題じゃない。ここでも俺たちはいまだに警察によってステレオタイプな型にはめられている」などと訴えた。

アンドレ・グレイ(ワトフォードFW)

「俺たちが何のためにデモや抗議をしているのか理解していない無知な人間がいる。

問題なのはアメリカで起きている残虐行為やジョージ・フロイドについてだけではない。イングランドや他の世界各国で起きていることに対してだ。

ここ(英国)では武器を持った警官たちが街中にいないのは幸運だ。ここでも俺たちは警官たちによって、ステレオタイプ化されて判断されているからさ。アメリカでと同じように。

(警官に)何度停められたことか。クラブに行こうとして入れなかった回数も数え切れない。買い物をしていて警備員につけられたことが何度あるか。

誰かからサッカー選手なのかを尋ねられた回数も数えられない、俺がいい車から降りてきたからさ。

結局のところ、この国には3人の俺がいる。サッカー選手、ラッパー、ドラッグディーラー(扱いをされる)。これが事実なのさ。

ここでのデモは、アメリカでの警察の残虐行為に対するものだけではない。イングランドも同じなんだ。パリも世界中も。

至るところにある体系的な人種差別のせいだ」