いよいよ今週から再開になるラ・リーガ。

6位アトレティコ・マドリーはアスレティック・ビルバオと対戦する。『AS』によれば、ディエゴ・シメオネ監督は再開初戦に向けて驚きの布陣を試しているとか。

なんとMFマルコス・ジョレンテをスタメン組のFWとして配置したそう。今季レアル・マドリーから加入した彼は25歳のボランチだ。

いわゆるピボーテタイプの選手で、プロ171試合で8ゴールと得点力はない。ただ、UEFAチャンピオンズリーグではリヴァプールを粉砕するこんなシュートを突き刺している(以下動画4分45秒~)。

アンフィールド沈黙…。5分35秒~の2点目も凄かった!彼はこれまでCLで得点したことがなかったのだが、この劇的2ゴールで英雄になった。

【関連記事】「コンバートされたポジションで『達人』となった10選手」

アトレティコはジョアン・フェリックスが負傷から回復中。そのため、シメオネは4-4-2の2トップとして、ジエゴ・コスタとジョレンテのコンビを試したとのこと。

ジョレンテはいい連携を見せていたそうで、アルバロ・モラタがベンチスタートになる可能性があるとも。

シメオネがこのコンバートを試し続けるかは見極める必要があるというが、再開初戦でどんな布陣で臨むのか注目だ。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】