新型コロナウイルスの影響によって長らく中断されてきたものの、6月4日から試合が再開されたポルトガルリーグ。

その中でにわかに話題を集めているのが、FCポルトに所属しているメキシコ人選手ヘスス・コロナ。

思いがけず気になる名前となってしまった27歳のメキシコ代表MFだが、再開後すぐの試合でゴールを決めると、2試合目のマリティモ戦でもこの超シュートを叩き込んだ!

ロングスローからのこぼれ球を受け、狭いスペースから右足を振り抜くと…ボールは大きくドロップしてゴール左隅!

しかも、試合開始から6分で…。

なお、ポルトとマリティモの試合は現在も続いており、このコロナのゴール以降は試合が動いていない。1-0でポルトがリードしている。

【関連記事】超ドシンプルなデザインが強烈だった特別ユニフォームTOP12

またマリティモの前田大然は先発出場している。