新型コロナウイルスの影響で中断されていたリーグ戦を再開させたスペイン。

マジョルカの久保建英はバルセロナ戦に先発出場した。開始1分で失点したマジョルカだったが、久保が魅せる。

世界最高峰の守護神であるテアシュテーゲンを脅かした渾身シュートがこれだ!

右からカットインする得意の形から左足一閃!手応えのある一撃だったはずで、テアシュテーゲンに阻止された直後、久保は思わず頭を抱えていた(動画4秒~)。 

【関連記事】驚くべき筋肉をつけたサッカー選手10名、その「変化」を見る

この惜しいシュートについて、現地紙はこう伝えていたぞ。

『AS』

「マジョルカにはこれがある!ホームチームに訪れた最初のビッグチャンス!

久保の非常に素晴らしい個人技だ!アラウホを置き去りにしてシュートを放つも、テアシュテーゲンに阻止された」

『Marca』

「テアシュテーゲンが阻止!タケが左足で放った非常にいいシュート。

際どかったが、テアシュテーゲンがいいところにいた」

6/15(月) 2時30分~ 生中継!レアル・マドリー対エイバル