6月27日、いよいよ明治安田生命Jリーグの2020シーズンが再開される。

新型コロナウイルスによる長期中断を経て再開されるJ1とJ2。そしてJ3は、3か月半遅れの開幕を迎える。

7月10日より前の試合までは無観客の「リモートマッチ」での開催を余儀なくされ、その後も様々な制約が課された困難なシーズンとなることは間違いない。

だからこそ、このリーグの再開・開幕は特別なものと言えるはずだ。

Qolyは今回、「DAZN Jリーグ推進委員会」の一員としてメディア連動企画「THIS IS MY CLUB -FOR RESTART WITH LOVE-」に参画。

リスタートに向けたJリーグクラブの、今だからこそ届けたい“生の声”をお伝えする。

今回はJ2のFC町田ゼルビアでプレーする李漢宰(リ・ハンジェ)。

李漢宰

2014年に町田へ加入し、7シーズン目を迎えた37歳。リーグ再開当日の6月27日に38歳の誕生日を迎えるMFに、ランコ・ポポヴィッチ監督のもと臨んでいる今シーズンや、自らを“拾ってくれた”FC町田ゼルビアへの思いを聞いた。

(取材日:2020年6月18日)

ポポヴィッチ監督と新生FC町田ゼルビア

――今シーズン、開幕直後に中断という形になってしまいました。それを聞いたときはどう感じましたか?

今まで起こったがないことが起こったので、ちょっと現実として受け止められない部分もありました。大変なことが起こっているなという状況でしたし、実際にサッカーをやっていられる状況ではないなと感じました。

――緊急事態宣言の直前まで練習は行っていたとのことですが、宣言が出て、外出自粛となってからの生活はどうでしたか?

トータルで言うと1ヶ月半くらいの自粛期間がありましたが、緊急事態宣言が出た当初は期間がまだ分からなかったので、自分たちは常に「いつ始まってもおかしくない」という準備をしていました。ただ、いつ始まるか分からない不安も正直ありましたね。