2018年にアーセナルに加入したマッテオ・グエンドゥージ。

21歳の若きMFは先日のブライトン戦で相手選手を首絞めにするこんなシーンが物議を醸した。

ガチで絞めあげる…。

【関連記事】アーセナルを退団してからブレイクした9名のスター

『lequipe』によれば、ミケル・アルテタ監督から重用されていないグエンドゥージはアーセナルを退団したいという意思を表明したという。また、クラブ側もそれを認める意向だとも。

そんな彼に対しては宿敵マンチェスター・ユナイテッドやユヴェントス、アトレティコ・マドリーなどが獲得に関心を示しているとか。

アルテタ監督は「全ての選手を頼りにしている。もし彼らが一緒に来てくれるなら、大歓迎だ」と述べるに留まっているというが…。