今季からブラジルのボタフォゴでプレーしている本田圭佑。

デビュー戦で初ゴールを決めた後、新型コロナウイルスの影響で活動が中断されることに。チームは今月に活動を再開し、このほどリオデジャネイロ州選手権でカボフリエンセ(4部)と対戦した。

移籍2試合目ながら、この日はキャプテンマークを託された本田。チームメイトたちを鼓舞し、相手キャプテンと健闘を誓い合う姿がこちら(以下動画3分43秒~)。

ヘアバンドを巻いた姿も様になってきた本田。動画7分36秒~のチャンスシーンでは、俺に出してよ!と味方に訴える場面も。

【関連記事】本田も!謎の「背番号2」を着けた風変わりな10人

本田に得点はなかったが、ボタフォゴは6-2で勝利。『Globo』によれば、35歳のシセロ・サントスがリベロとして暴れたそうだが、本田もいいプレーを見せていたとのこと。