セリエA第28節、インテルは敵地でのパルマ戦に1-2で逆転勝ちした。

残り6分から試合をひっくり返した劇的な一戦では、ベルギー代表FWロメル・ルカクの言動が話題になっている。

味方選手に「クソ!」とFワードを絶叫したシーンがこれ。

無人のスタジアムにこだまするルカクの叫び…。

クロスボールを相手に当ててしまったインテルMFヴィクター・モーゼスに「ヴィクター、クソったれ!」と言い放っていたのだ。

【関連記事】「インテル、放出を早まり過ぎた13人の逸材」

この試合では得点を奪えなかったルカク。後半アディショナルタイムに訪れた最後のチャンスだっただけに、頼むよ…という思いだったのだろうか。

ただ、モーゼスはDFアレッサンドロ・バストーニの逆転弾をクロスでアシストしている。その時もルカクには合わなかったのだが…。