昨季のUEFAチャンピオンズリーグ制覇に続き、悲願だったプレミアリーグ初優勝も成し遂げたリヴァプール。

オランダ代表DFフィルヒル・ファンダイクは堅守の要として多大なる貢献を果たしている。

彼は2018年1月にリヴァプールに加入したが、その際にチェルシーやマンチェスター・シティへの移籍は断っていたようだ。『Express』によれば、その理由をこう述べたそう。

フィルヒル・ファンダイク(リヴァプールDF)

「チェルシーやマン・シティに行くチャンスもあった。

いくつかのクラブを比較する時、見定めるのは歴史、街、チーム戦力、そして、将来に向けてのプランだ。

ただ、最も大事なのは監督さ。ユルゲン・クロップは自分がリヴァプールを選んだ重要な理由だった。

クロップには特別なものがある。それは彼のエネルギーや全体的なイメージだろうか?

彼がしていることや彼が他人よりも持っているものについて考えることがあるんだ。

それは彼のマンマネージメントだと思う。最近のフットボール界ではそれが何よりも大事だ。

クロップは(選手を)素晴らしい気持ちにさせてくれる。朝にクラブへ行くと彼は本当に心からハッピーな様子なんだ。

間抜けな話に聞こえるかもしれないけれど、選手として本当に元気づけられるんだよ。

試合後には全ての選手をハグする。些細なことかもしれないけれど、全ての選手が心地よくなる。

で、次の日になると彼は練習中に皆の前で選手を叱り飛ばすこともやる。

でも、(選手は)それも受け入れるのさ。パーソナルなものではないことは分かるからね。彼が自分たちに多くを求めるやり方さ。

彼のトレーニングについての話は本当だよ。

自分はドイツ式と呼んでいる。走って、走って、走る。やっと終わったと思ったのに、さらに走る。人生で味わったことがないくらい、ハードに練習しなければいけなかった。

フランスでも1日に3回練習したのを覚えている。メディアもファンもおらず、自分たちだけで。

フィジカル的なハードワークに加え、ミーティングで戦術的な訓練も受けた。それは延々と続いたよ。

やっと帰宅した時には(心身が)完全にいかれていた。でも、認めざるを得ないね、シーズン中ずっとその恩恵を目にしてきたことを」

トップ選手たちを気持ちよくさせちゃうというクロップのハグがこちら。

確かにこんな監督はあまりいないかも…。

【関連記事】リヴァプールでクロップ監督にハマらなかった8人の選手

動画37秒~ではキッズも虜にしているぞ。