プレミアリーグ3連覇は逃したものの、悲願の欧州制覇を目指すマンチェスター・シティ。

UEFAからの処分が撤回されたことで、夏には大型補強に乗り出すとも伝えられている。

『Guardian』によれば、シティはオランダ代表DFナタン・アケの獲得についてボーンマスと合意に近づいているという。

25歳のアケはCBを主戦場にしつつ、守備的なポジションならどこでもこなせるマルチロール。もとはチェルシーが保有していた選手でもあり、チェルシー時代にはこんな妙技もやっている。

これはお見事!

【関連記事】「ペップのマンチェスター・Cが獲得に失敗した5人のスター」

彼については、マンチェスター・ユナイテッドのオレ・グンナー・スールシャール監督が試合後に勧誘したとも伝えられている。

ただ、同紙によれば、守備強化を狙うシティが3500万ポンド(47億円)で彼の獲得に迫っているという。ボーンマスの契約は2022年まで残っており、古巣チェルシーも獲得を狙っていたようだが…。