8月初頭に2020-21シーズンの開幕を迎える予定となっているセルビアリーグ。

名門パルチザン・ベオグラードに所属している日本代表FW浅野拓磨は、加入してから2年目のシーズンとなる。

昨季の終盤には好調なパフォーマンスを見せていた浅野は、22日に行なわれたプレシーズンマッチのズラティボール・チャイェティナ戦でゴールを決めることに成功した。

後半始まって8分、ニアから裏のスペースに飛び出した浅野は…(動画52分20秒~)。

そのまま左足一閃!ゴールの天井に突き刺すナイスシュートを決めたぞ。

パルチザンは31分にウマル・サディクの先制点が決まっていたが、48分に追いつかれて1-1の状態だった。

そこで浅野のゴールが決まって勝ち越し。試合はこのまま2-1で終了し、パルチザンはここまでのトレーニングマッチ3試合で2勝1分けという成績となった。

【関連記事】久保建英、15歳の天才児と足でキャッチボールするとこうなる

セルビアリーグは8月1日に開幕を迎える予定で、パルチザンはアウェイでナプレダクとの試合を戦うこととなっている。