ついに発売の日を迎えた、Nikeの新しいサッカーボール『Nike Flight』。

空力安定性を高めるために開発された「エアロスカルプト」と呼ばれる溝が全面に配され、見た目からしてこれまでにない革新的なボールに仕上がっている。

Nike Flight

2020-21シーズンのイングランド・プレミアリーグで使用されるという報道も出ているこのボール、形状が独特であるため「タッチに影響があるのでは」という声も。

結局は使ってみなければわからない…ということで、J参入を目指して関西サッカーリーグを戦う「おこしやす京都AC」に協力を依頼。

J1でのプレー経験もある原一樹と福田健介、そして堂安律を弟に持ち昨年までAC長野パルセイロに所属していた堂安憂という、元Jリーガー3選手に『Nike Flight』を存分に蹴ってもらったぞ!

さすが少し前までJリーグでプレーしていた選手たち!いいボールを蹴る…。

蹴ってもらったあと、ボールの感想について改めて聞いてみた。

おこしやす京都AC

※左から福田健介、原一樹、堂安憂

――本日はご協力ありがとうございます。まずは『Nike Flight』の率直な感想をいただけますか?

原「思ったところに蹴れるのかな…というのが、すごく感じました」

堂安「最初は『軽い』という印象でした。蹴ってみたら…自分はあまりパワーがないんですけど、思ったよりもスピードが出て。とても蹴りやすいと思いました」

福田「めちゃめちゃ蹴りやすいです(キリッ)」

――福田健介選手はキックを得意とされていますが…。

福田「そんなに得意じゃないですけど、得意なのかなと感じちゃうくらいに!(一同笑)」