早くも2020-21シーズンが開幕したベルギー1部リーグ。

シャルルロワの森岡亮太は昨季王者のクルブ・ブルッヘ戦に先発すると、78分に値千金の決勝ゴールを決めた。王者を沈めた得点シーンがこちら(以下動画4分37秒~)。

森岡は相手CBブランドン・メヘレのパスをカットして突進。左足の強烈シュートで元リヴァプールGKシモン・ミニョレが守るゴールを撃ち抜いた。

ミスを逃さずに仕留めた森岡について、現地メディアは「無慈悲なシュートだった」と賞賛している。

【関連記事】森岡は44番!「ゾロ目」の背番号に“執着”する9名の選手

森岡は今季のベルギー1部リーグで真っ先に得点した選手にもなった。シャルルロワは第2節ではオーステンデと戦う。