マウリツィオ・サッリ監督を電撃解任し、アンドレア・ピルロを新指揮官に指名したユヴェントス。

41歳のピルロには監督経験がない。彼は今季からユーヴェU-23チームを率いるはずだったが、急遽トップチームの指揮することになった。

『Sky』によれば、インテルのアントニオ・コンテ監督がピルロ就任について語ったという。

アントニオ・コンテ(インテル監督)

「アンドレアにはとても興味をそそられるね。

選手として持っていた全ての資質に加え、彼は並外れた人間でもある。

私は彼に対する大きな愛情を持っているよ。

だが、自分が歳をとったと感じたと告白せざるを得ないね。自分が教えた選手が監督になるのを見ると」

ジョークも交えつつ、こう述べたというコンテ。ユーヴェとイタリア代表で教え子だったピルロが監督になることには、やや妙な感じを覚えているようだ。

選手時代はスマートだったピルロ。現役時代に決めた超レアな“頭”ゴールがこちら。

こんなシーンは見たことないかも…!

【関連記事】10分で退団?!「あっという間に去っていった監督たち」

来季のナショナルダービーではコンテvsピルロの師弟対決が見られるかもしれない。