かつて大迫勇也がプレーしたドイツの名門ケルンの新ユニフォームが一部で物議を醸していたようだ。

ケルンの街並みが透かしで入っているデザインなのだが、そこにケルン中央モスクも含まれていたことにあるファンが反発。

そのファンは「モスクが描かれたユニフォームを着てケルンがプレーすることを今日知った。自分はムスリムやモスクとは一体になれない」としてクラブとのメンバーシップを解消することをケルン側に通告してきた。

ケルンはSNS上でファンからの通知を伝えつつ、「さようなら、アイデアをどうも!」とお別れメッセージを送った。

モスクはユニフォームのこの部分にうっすらと描かれている。

ドイツは欧州内でフランスに次いでイスラム教徒が多い国。人口のおよそ11パーセントがムスリムだというケルンにはドイツ最大のモスクがある。

2018年にトルコのエルドアン大統領が開場に立ち会ったケルン中央モスクはこんな美しいデザインをしている。

美しい外観だ。

【関連記事】「2010年代の最高ユニフォームランキング、TOP30~11はこれだ」

ただ、この欧州最大級のモスクを巡っては、市議会が承認する前に論争があったほか、一部から批判もあるという。

そうしたなか、ケルンはアンチムスリムのファンに対してレッドカードを突きつけたようだ。