ラ・リーガのアスレティック・ビルバオは、「プレシーズントレーニングの開始前に行なわれたPCR検査により、6名の新型コロナウイルス感染者が発見された」と公式発表した。

クラブは感染者の名前を発表していないものの、エースのFWイニャキ・ウィリアムズはInstagramで自分であることを明かしている。

また、MFオイアン・サンセット、MFウナイ・ロペス、MFガイスカ・ララサバル、DFウナイ・ヌニェス、MFイニゴ・コルドバもSNSで自身の感染を明らかにしている。

ただその全員が基本的に新型コロナウイルスによる自覚症状はないとのことで、このまま自宅で待機になるそう。

イニャキ・ウィリアムズは今季ラ・リーガで6ゴールを決めた爆発的快速ウイング。公式がまとめたそのゴール集がこれだ。

このスピードは本当にスゴい…。

6名もの陽性者を出してしまったアスレティック・ビルバオであるが、トレーニングについては木曜日から個別練習の形でスタートするとのこと。

【関連記事】「爆発的な脚力」を持つ、若きアタッカー5名

また新たなPCR検査は金曜日に行なわれる予定だそう。

サッカー観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら