新型コロナの影響を大きく受けているサッカー界。育成年代もそれは同様で、U-18年代の頂点を決める「高円宮杯 JFA U-18サッカーリーグ」は今年、形を変えて行われることになった。

トップディビジョンのプレミアリーグは、関東のチームを残してプリンスリーグとの合同リーグとして開催。プレミア所属チームが各地域のプリンスリーグに加わる、その名も「スーパープリンスリーグ」として、多くが今週末からスタートする。

高円宮杯 JFA U-18サッカーリーグ

今年もメインビジュアルは人気漫画の『アオアシ』!

プレミア勢が加わらない地域はプリンスリーグのままだが、せっかくなので全地域のリーグ戦の顔ぶれを紹介したい(※名称に★が付いているチームは今季プレミア所属)。

プリンスリーグ北海道

9/6~11月
8チーム(1回戦総当たり)

北海道コンサドーレ札幌U-18
旭川実業高校
札幌第一高校
駒大苫小牧高校
札幌大谷高校
札幌創成高校
東海大付属札幌高校
北海道大谷室蘭高校

北海道はプリンスとして開催。昨年は地域唯一のJユース、北海道コンサドーレ札幌U-18が旭川実業高校と札幌第一高校を押さえて優勝した。

スーパープリンスリーグ東北

8/29~10月
12チーム(2グループ1回戦総当たり&順位決定戦)

<Aグループ>
青森山田高校★
モンテディオ山形ユース
ベガルタ仙台ユース
遠野高校
聖光学院高校
ブラウブリッツ秋田U-18

<Bグループ>
尚志高校
青森山田高校セカンド
仙台育英学園高校
盛岡商業高校
帝京安積高校
聖和学園高校

唯一10月閉幕の短期決戦となるプリンス東北。昨年は青森山田の2軍、青森山田高校セカンドが制しており、プレミアから青森山田高校が加わったことで、順位決定戦(A1位vsB1位)では「青森山田対決」が実現する可能性も。