バルセロナBは9日、「安部裕葵が新型コロナウイルスを克服し、本日トレーニングに復帰した」と発表した。

昨季鹿島アントラーズからバルセロナBに加入した安部裕葵。シーズンを通して出場機会を得ていたが、2月のプラート戦で途中出場から負傷してしまう。

その怪我の場面がこれ…(動画1:40:38~)。ゴール前に迫ったところでの悲劇だった。

この怪我によって右足のハムストリングを痛め、手術を受けることに。長期の離脱を経験しなければならなかった。

さらに先月末にはPCR検査で新型コロナウイルスに感染したことが明らかになり、自宅で隔離されるという状況となっていた。

【関連記事】今夏「バルセロナに移籍する」と言われた驚くべき11名

なおバルセロナBが所属しているセグンダB(3部)は10月18日に開幕が予定されている。あと1ヶ月ほどの準備時間があるため、安部裕葵も十分コンディションをあげられそうだ。