歴史的大補強を敢行したチェルシー。ブライトンとのプレミアリーグ開幕戦に1-3で勝利した。

GKケパ・アリサバラガが喫した失点シーンがこれだ(以下動画3分33秒~)。

ボックス外からレアンドロ・トロサールが叩き込む!寄せが甘かったこともあり、シュートはサイドネットを揺らしている。

シュートを誉めるべきにも思えるが、現地ではケパの対応が疑問視されている。

『BBC』は「一体チェルシーのスカウト陣はケパの何を見ていたのか。なぜなら、ゴールキーピングは彼の強みでないからだ。唖然とさせられた。トロサールの見事なシュートだったが、どんなプレミアリーグのGKでも止めるべきものだ」と断罪。

ケパはチェルシーに移籍した2018年以降でプレミアリーグのどのGKよりも多くボックス外からのシュートで失点しているとか(19失点)。また、ブロックされたものを除くと、直近のシュート13本で9失点しているとも。

【関連記事】「大損になってしまった大型移籍、ワースト10」

ただ、フランク・ランパード監督は「ケパには満足しているし、彼から自信が見て取れた。彼はここにいるし、我がGKだ。ハッピーだよ」と述べている。

一方、『Sky Sports』に出演した元イングランド代表DFジェイミー・キャラガーは「GKの状況を変えなければ、チェルシーに優勝のチャンスはない」と発言。新GK獲得の必要性をあらためて指摘していた。