10月までオープンしている移籍市場の動きが慌ただしくなってきた。ここでは、この日にあった動きをまとめてみる。

アーセナルはディジョンからアイスランド代表GKルーナル・ルーナルソンを獲得した。

契約は4年、背番号は13に決定。彼は16歳当時に「アーセン・ヴェンゲルは地球一のバカ」などとツイートしていたことが話題にもなった選手だ。

ただ、実力派折り紙つき。PSG戦でやった超人セーブがこれ!

パリを止めて止めて止めまくる!特に最初の反応は超人的だ。

【関連記事】奇妙な理由で破談になった移籍トップ12

『Sky』によれば、PSGはユヴェントスの元ドイツ代表MFサミ・ケディラに興味を示しているという。

2015年にレアル・マドリーから加入するとこれまで145試合に出場。33歳になった彼とユーヴェの契約は2021年6月末までとなっている。

一方、ユーヴェはポルトからの引き抜きを狙っているようだ。

『Record』によれば、ブラジル代表DFアレックス・テレスへのオファーを準備しているとのこと。

今マーケットで左サイドバックを探しているユーヴェ。アレックス・サンドロに続き、ポルトからブラジル人DFを獲得することを検討しているとか。テレスは一時期インテルにも所属していた選手だ。

また、ポルトのブラジル人FWソアレスが天津泰達からのオファーを受け入れたとも伝えられている。

2度目のオファーを受諾したようで、契約するために今週にも中国に飛ぶとか。2017年からポルトでプレーしている彼はここ2シーズン連続で2桁得点を記録している。