ナポリがチーム立て直しのために招聘したジェンナーロ・ガットゥーゾ監督。現役時代には狂犬と呼ばれた彼は歯に衣着せぬ物言いでも知られる。

メキシコ代表FWイルビン・ロサーノも練習態度がなっていないと叱責され、一時練習から追放された。

ただ、ガットゥーゾは彼の評価を改めたようだ。『Sky』に対してこう述べたそう。

ジェンナーロ・ガットゥーゾ(ナポリ監督)

「ロサーノには全くゆとりを与えていない。だから、今の彼は違う選手になったよ。

加入した時の彼はメンタル的にもフィジカル的にも100%じゃなかった。ボールを蹴って、ガキのように倒れていた。今は脚に強さがある。

彼のことはPSV時代から知っている。常にサイドを攻撃していたが、昨季はまったくベストの状態ではなかった。

今の彼がプレーできているのは、いい調子にあるからだ」

昨季はベンチ要員だったロサーノだが、今季は開幕から先発起用されている。

2ゴールと爆発したジェノア戦の得点シーンがこれ(以下動画24秒~)。

まずは、クロスに飛び込み、こぼれを押し込む!2点目はボールを貰う前にDFを跳ね飛ばして決めているぞ(動画2分42秒~)。

【関連記事】都落ちじゃない!「中国で見事に復活した」7名の選手たち

今週末、ナポリは宿敵ユヴェントスとのダービーマッチを戦う。