30日に行われたJ1リーグのヴィッセル神戸対名古屋グランパスは、1-0という結果で終了。60分にアンドレス・イニエスタのゴールが決まり、神戸がそのまま逃げ切った。

しかしこの試合ではそれ以外にも素晴らしい場面があった。それが前半26分、ヴィッセル神戸がゴールに迫ったシーンだ。

アンドレス・イニエスタが裏のスペースでふわっと浮かせたパスを送ると、ゴール左に走り込んだドウグラスが優しく合わせる!

これは惜しくもクロスバー!入っていればおしゃれな連携からのおしゃれなスーパーゴールだったはず…。

【関連記事】今夏「最もうまくやった補強」TOP5

とはいえ神戸はフィンク監督退任後これで3連勝を達成。「監督交代ブーストなどない!」の間違いを証明しているかのように快進撃を続けているぞ。