今年1月にレッドブル・ザルツブルクからリヴァプールに加入した日本代表MF南野拓実。ここまでの半年はあまり出場機会を与えられておらず、まだサブの立場となっている。

ただパフォーマンスに関してはかなり好調であると伝えられており、先日のカラバオ・カップではリンカーン・シティ相手に2ゴールを決める活躍を見せた。

動画7秒~と37秒~でゴール!とくに1点目のシュートは見事だぞ。

そして『Mirror』によれば、ユルゲン・クロップ監督の片腕として知られるアシスタントのペピン・リンデルスが以下のように話したという。

ペピン・リンデルス

「(南野について)おお、なんて野心だ!という感じだね。

彼は我々の試合をコレクティブにしてくれるタイプの人物だ。それはまるでロベルト・フィルミーノがやっていることのようだ。

その進歩は傑出しているんだよ。彼はいつだって全力を尽くしてくれる。どんな日でもね」

【関連記事】リヴァプールが「ドイツから獲得した13名」、成功か失敗か

リヴァプールは1日に行われるカラバオ・カップのベスト16でアーセナルと対戦する。強豪相手に南野の出場はあるのか?