今年初となる日本代表の招集メンバーに入ったアントワープの三好康児。

第8節のメヘレン戦に今季初先発すると初ゴールを決めるなど4-1の勝利に大貢献した。

『Sporza』では、全ゴールに絡んだ三好をマンオブザマッチに選出している。相手のオウンゴールを誘発して味方と喜び合ったシーンがこれだ。

三好の右足でのクロスがなんともラッキーなオウンゴールに!

得点の瞬間にガッツポーズしていたカメルーン人FWディディエ・ラムカル・ゼ(7番)は三好とハイタッチで喜びを分かち合っていたぞ。

【関連記事】編集部が選ぶ、歴代最強の日本代表ベストイレブン

試合後、三好は「勝利と今季初ゴールはとても嬉しい。(イスラエル人FWリオル・)レファエロフとの素晴らしいコンビネーションだった。今日は本当にプレーしたかったし、監督にも伝えた」と喜んでいた。また、イヴァン・レコ監督も「彼がマッチウィナーだ」と讃えていた。