PSGとの契約が2022年までとなっているキリアン・エムバペ。2021年の夏にレアル・マドリーなどが獲得に乗り出すとされている。

そうしたなか、同僚MFアンデル・エレーラが『Cadena SER』でこんな話をしていたそう。

アンデル・エレーラ(PSG MF)

「エムバペがレアル・マドリーに行ってしまわないことを心から願っているよ。

彼がパートナーでい続けてくれること、PSGでずっと続けてくれるのがいいね」

「彼は“9番”としてプレーしていても、カリム・ベンゼマのように左に流れる傾向がある。

左からの彼を止めるのは不可能だよ」

左からカットインするエムバペはアンストッパブルだが、ベンゼマとかぶるよ…ということだろうか。

そのエムバペの左からの突破をブッ潰したカリドゥ・クリバリの超絶タックルがこれだ!

この決死タックルはすげぇや…。

【関連記事】「いま最もイケてるウィングプレーメイカー、TOP10」

また、エレーラはPSGやレアルが狙うエドゥアルド・カマヴィンガについてもコメント。「素晴らしいね、パーソナリティも印象的だ。ボールを20メートルも持ち運べるモダンなMF」と賞賛している。