UAEの名門クラブであるアル・ワフダやバニ・ヤスに所属していたこともあるFWスルターン・サイフ・アル・カービルが、27歳で事故死したとのこと。

『Gulf News』によれば、スルターン・サイフはアブダビで車を運転していた際、トラックに衝突する事故に遭ったとのこと。その際にスルターン・サイフと息子が死去。妻は病院に運ばれたものの、その後死亡が確認されたそう。

スルターン・サイフは1993年生まれの27歳で、180cmの身長を持つストライカーであった。

アル・ワフダでは2015-16シーズンに一時レギュラーを獲得し、13試合で2ゴールを奪取。2016年1月のアル・ジャジーラ戦ではアディショナルタイムに決勝点を叩き込み、話題になった。

その後バニ・ヤスとアル・イティハド・カルバにローン移籍した後退団し、それからはアマチュア選手として活動していた。

【関連記事】「21世紀最高のFW」ベスト10

そして2019-20シーズンは創設されたばかりの3部リーグに所属するアル・ファラーのエースとして活躍。昨季を通じて15ゴールを決め、得点王になっているという。