ビジャレルの久保建英はELシヴァススポル戦で移籍後初ゴールを決める活躍を見せた。

『AS』などによれば、5-3で勝利した試合後に本人は「誰がプレーするのかは僕ではなく監督が決めること。全選手がスタメンになりたい。個人的に嬉しいし、これを続けたい」などと述べていたそう。そんな彼をウナイ・エメリ監督も「彼は我々が求めた仕事をした」と評価していた。

その久保はチームにもだいぶ馴染んできたようだ。先日の練習では2人一組になるゲームで罰を食らうこんなシーンもあったぞ。

久保と手をつないでいたのは、元レアル・マドリーDFラウール・アルビオル。2人はチームメイトたちから背中を優しく叩かれていた。

【関連記事】バルサ対レアル、「最悪の合体ワーストイレブン」

ビジャレアルは週末にカディスとのリーグ戦を戦う。