今夏、リオネル・メッシの退団騒動に揺れたバルセロナ。彼はジョゼップ・マリア・バルトメウ会長への不満を公言していた。

バルサは公式HP上でそのバルトメウ会長が辞任を発表したと伝えた。

『BBC』によれば、メッシとの対立に加えて、ファンからの圧力も強まっており、不信任を突きつけられる前に辞任することを決めたようだ。

【関連記事】バルセロナ、バルトメウ会長時代「最悪の補強」5名

同氏は2014年から会長を務めてきたが、レアル・マドリーとのエル・クラシコ敗戦から3日というタイミングで職を辞すことになった。