セリエA第9節、王者ユヴェントスは敵地でのベネヴェント戦に1-1で引き分けた。

クリスティアーノ・ロナウドを休養させた一戦では、アルバロ・モラタが試合終了直後に一発レッドカードで退場になっている。

この日は前半に先制ゴールを決めていたモラタ。終了のホイッスルを吹いたファブリツィオ・パスクワ主審からレッドカードを突きつけられた。

『Sky』や『Tuttosport』によれば、モラタは「みっともない。恥ずかしいPKだ」と主審に告げていたという。

終了間際にモラタがエリア内で倒されるシーンがあり、そこでPKを与えなかった判定への不満をぶつけていたようだ。

【写真】実は「買い戻し条項」がある、意外な11名の選手たち

10連覇を目指すユーヴェだが、現在4位。首位ミランとの勝点差は6ポイントある。