スコットランドのアマチュアリーグで奇跡のような出来事があったと話題になっている。

『The SUN』によれば、それが生まれたのはスコットランドの7部にあたるイースト・オブ・スコットランドリーグ・ファーストディヴィジョンの試合。

エディンバラに本拠地を置いているソーントン・ヒブスというクラブが、クレイグロイストンというチームを相手に6-2と勝利を収めた。

そこでゴールを決めたのは、ソーントン・ヒブスに所属している同姓同名のFWギャリー・トムソン(30歳)とギャリー・トムソン(24歳)だったのだ。

二人はそれぞれ3ゴールずつをゲット。世界初の「同姓同名の選手が同じ試合でハットトリック」という記録を達成したのだ。

ギャリー・トムソン(30歳)は飲料メーカーに務めている技術者で、ソーントン・ヒブスで10年間プレーし13回のハットトリックを決めているストライカー。

そのいとこに当たるギャリー・トムソン(24歳)は建設会社で働くサラリーマンで、キャリアで初めてのハットトリックであったという。

ギャリー・トムソン(30歳)

「二人がハットトリックを決めたことは嬉しく思うが、ドレッシングルームで仲間が話し始めるまでは気づいていなかったよ!これは間違いなく記憶に残る試合だ」
ギャリー・トムソン(24歳)

「ただただ素晴らしいものだね。家族も友人もチームメイトも、あれからずっとこの試合についてのジョークを言っているよ」

なお現在ソーントン・ヒブスは8試合を終えて5勝1分け2敗と好調で、昇格プレーオフ圏内の5位につけている。今後も二人のギャリー・トムソンの活躍が期待されるぞ。