プレミアリーグでもお馴染みとなったギャンブル系の胸スポンサー。

『Guardian』によれば、2005年に制定された英国の賭博法が見直されることになり、スポーツにおけるスポンサーシップの禁止も検討されるという。

社会全体におけるギャンブルの役割についての懸念が高まるなか、より厳しい規制が検討されている。

当局が重要視している分野のひとつが、オンラインカジノや電子スロットの規制。無制限だった賭け金に制限が科され、賞金も抑えられる可能性がある。

また、マーケティングや広告についての規制も検討されており、サッカーチームの胸スポンサーを含めたスポーツへのスポンサーシップを禁止する新たな措置を導入する可能性があるとのこと。

【写真】日本企業が胸スポンサーになった世界的有名10チームのユニフォーム

現在、プレミアリーグでギャンブル系が胸スポンサーになっているチームは8つある(バーンリー、クリスタル・パレス、フラム、リーズ、ニューカッスル、サウサンプトン、ウェストハム、ウォルヴァーハンプトン)。