先日トーマス・トゥヘル前監督を解任し、マウリシオ・ポチェッティーノ氏を新たな指揮官に据えたパリ・サンジェルマン。

【動画】PSGのメンバーと初対面するポチェッティーノ監督

『AS』によれば、それにあたってパリ・サンジェルマンのコーチングスタッフにポチェッティーノ氏の息子セバスティアーノも加わることになったようだ。

セバスティアーノ・ポチェッティーノ氏は現在25歳で、これまで様々な教育を受けてきたトレーナーであるという。

バルセロナのセント・ポールズ・スクールとサウサンプトンのスポーツ科学大学で学び、卒業後は大学でアシスタントとして数人のアスリートを担当したそうだ。

そしてその後パリのサクレ大学で修士号を取得し、2019年にはトッテナム・ホットスパーのフィジカルトレーナーとなっていた。

信頼できるスタッフとともにパリ・サンジェルマンへとやってきたポチェッティーノ氏。息子も含めたグループでスター軍団を率いていくようだ。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら