2013年からプレーするアーセナルでこれまで254試合に出場してきたメスト・エジル。

彼の「トッテナムと契約するくらいなら引退する」という発言について、トッテナムを率いるジョゼ・モウリーニョ監督に質問が飛んだ。

フラム戦に向けた記者会見で「エジルの発言をどう思うか」と聞かれると指揮官はこう答えていた。

ジョゼ・モウリーニョ(トッテナム監督)

「トッテナムが彼との契約に興味があるなんて彼は誰から聞いたんだ?」

そもそもありえない話ということだろうか。

海外のファンたちは「なぜこれをモウリーニョに聞く?エジルがあの発言をした理由はアーセナルで7年プレーしてるからに決まってるだろ」と質問自体に疑問を呈していた。

【写真】「モウリーニョと喧嘩別れした7人のスター選手」

なお、モウリーニョとエジルはレアル・マドリー時代にともに働いた間柄。モウリーニョは「ボールを持ちさえすれば彼は特別な選手になる」とエジルを評価している。