ウォルヴァーハンプトンに所属しているメキシコ代表FWラウール・ヒメネス。11月29日に行われたアーセナル戦でダヴィド・ルイスと衝突し、頭蓋骨骨折の大怪我を負った。

【動画】場内が騒然…ヒメネスには酸素吸入器まで着けられた

それからすぐに手術を受け、それから早くも数週間後に軽いトレーニングをスタートするなど順調な回復を見せている。

そんな彼が先日のエヴァートン戦ではスタンドでチームメイトの戦いを見ていたのだが、その頭には大きなキズが…。

右の頭部に三日月型の大きなキズがあり、そこだけ髪の毛がまだ生えていないのだ。

これだけの手術を受けながら、5週間後にはもうトレーニングをスタートしているとは…ラウール・ヒメネスの回復力には驚かされる。