名古屋グランパスとキットサプライヤーのMizunoは17日、2021年シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)で使用するユニフォームを発表した。名古屋は9年ぶりの同大会出場となる。

Nagoya Grampus 2021 Mizuno ACL Home

9年ぶりにACLを戦うユニフォーム。デザインはJリーグ用ホームと同じシャドーストライプだが、差し色にオレンジを使ったJリーグ用とは異なり、濃淡のレッドで表現。スポンサーロゴマークは胸部にのみ「GR YARIS」を掲出となる。

日本を代表して戦うACL。背面には日の丸を配する。袖口の色はJリーグ用のブラックからオレンジへ変更となった。

【関連記事】Jリーグ 2021シーズン新ユニフォームまとめ(J1・J2・J3)

ACL用ネームナンバーはJリーグ用とは別デザイン。背番号の下部にはクラブロゴを配する。