今冬レアル・マドリーから古巣フラクフルトにローン移籍したルカ・ヨヴィッチ。

復帰戦でいきなり2ゴールを叩き出し、1年半を過ごしたレアルでの得点数にわずか28分で追いついたことが話題になった。

【動画】長谷部も脱帽!ヨヴィッチの電撃復活ゴール

『Marca』によれば、ジネディーヌ・ジダン監督はヨヴィッチについてこう述べたという。

ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリー監督)

「私も嬉しいよ、いいね。彼の成功を祈っている。

マドリーは難しい、私も選手としてそれを経験している。ルカがやったのは退団してプレーすることだ。

ルカの獲得はいい選択だったと思っているし、彼のことが嬉しい。いつかはマドリーでも同じことをやってほしいね。ただ、このクラブの中と外は違う。

彼には未来がある。それをマドリーで見せつけることもできるし、それは誰にとっても同じだ。

ここでは常に熾烈な競争があるが、それは監督の責任ではない」

ジダン監督はヨヴィッチを構想外にはしていないようで、今後レアルで輝くことも期待しているようだ。