インテルとミランが激突したコッパ・イタリア準々決勝は盛りだくさんの試合展開となった。

ズラタン・イブラヒモヴィッチとロメル・ルカクのバトルが勃発すると、後半にはそのイブラが退場。また、主審がまさかの負傷交代を余儀なくされる場面もあった。

そんな激闘に決着をつけたのは、インテルMFクリスティアン・エリクセン。

後半43分に投入されると、アディショナルタイム7分に劇的な決勝ゴールを叩き込んだのだ。本人も自画自賛したそのフリーキックがこれだ!

鋭く曲がり落ちるフリーキックをミランGKチプリアン・タタルシャヌは見送ることしかできず!

【写真】「インテル、早すぎる放出を後悔した13人のスター」

この一撃によって、インテルが2-1で勝利。エリクセンとアントニオ・コンテ監督は試合後にこう述べていた。

アントニオ・コンテ(インテル監督)

「クリスティアンと我々はマルセロ・ブロゾヴィッチの戦術的代役になるべく懸命に取り組んでいる。

彼はプレーメイカー(レジスタ)になれる。クオリティとサッカーIQ的な非常に高いインテリジェンスがある。

彼は構想に含まれているし、私も彼のゴールが嬉しい。

私が彼にフリーキックを蹴るように促した。彼はちょっとシャイなんだが、このゴールが助けになればいいね。

我々全員が彼がうまくやってくれるのを願っている。彼はいい子だからね。いい子すぎるのかもしれないが」

クリスティアン・エリクセン(インテルMF)

「僕にとって完璧なフリーキックだった。本当に嬉しい。

常に自分が使える時間を最大限に生かそうとしている。このフリーキックで得点できたことが嬉しいし、パーフェクトだった。

この勝利を生まれたばかりの娘、家族、そして、全てのファンに捧げるよ」

クラブ公式によれば、インテルが直接フリーキックから得点を奪うのは2018年4月以来(135試合ぶり)のことだったとか。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】