カタールで行われているFIFAクラブワールドカップ。

南米王者パウメイラスを撃破して決勝進出を決めたのが、北中米カリブ海王者のティグレスだ。

準決勝で値千金のPKを決めたのは、35歳になったFWアンドレ=ピエール・ジニャック。

フランス代表経験を持つ彼は2015年にマルセイユからメキシコに移籍すると、246試合で147ゴールを記録するなどクラブのレジェンドになった。

『XEVA TABASCO』によれば、元ブラジル代表カカもこう賞賛していたそう。

カカ

「ジニャックはティグレスにとって不可欠だ。彼が試合のテンポを決める。

技術的には僕も大好きだよ。

彼がチームを牽引している。勢いをつけるのか、落ち着かせるのか。彼は決定的な存在だ。

PKを打つのは簡単じゃない。彼は決断力がある」

ジニャックは今大会最多となる3ゴールを決めている。

【動画】カカも褒めた!ジニャックの簡単じゃないPKシーン

ティグレスとバイエルンとの決勝は11日に行われる予定だ。