UEFAチャンピオンズリーグのラウンド16、PSGとの1stレグに1-4で敗れてしまったバルセロナ。

守護神マーク=アンドレ・テア・シュテーゲンは何度かチームを救うスーパーセーブを見せた。ただ、ミスキックからあわやのピンチを迎えるシーンも。

左足で蹴り出そうとした場面、珍しくミートしきれなかったボールはまさかの方向に…。失点にはならなかったが、ひやりとする場面だった。

【写真】現役Jリーガーも…「バルセロナ、近年最悪の取引ワースト9」

ホームであまりに痛い4点を奪われたバルサ。ロナルト・クーマン監督も「後半に守備の問題が起きた。PSGはフィジカルで我々より上だということを見せつけた。この結果はいかにPSGが優れていたかを反映している。我々よりはるかに効率的だった。嘘もつくこともできるが、ホームで4-1で負けたら突破する可能性はほとんどないというのが事実だ」と弱音を吐いていた。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら