“無敵”と言える強さを見せた2020シーズンの川崎フロンターレに、リーグ戦で唯一黒星を喫しなかったサガン鳥栖。

最終的に13位に終わり、このオフにはクラブのトップを含め大きな入れ替えがあったが、2021年に飛躍するポテンシャルを備えたチームの一つだ。

昨季J1での出場時間トップ10を見ると、3位のDF森下龍矢(名古屋)、4位のMF原輝綺(清水)、5位のMF原川力(C大阪)が移籍。いずれもチームの主力を担った選手だが、逆を言えばそれ以外の7選手は残留を果たした。

特に大きいのが、大卒1年目で最多の9ゴールを記録したFW林大地をチームにとどめたことだ。

野生味あふれるプレーとターゲット(=ゴール)を仕留める意志の強さから、「ビースト」の愛称を持つ23歳。タイプこそ異なるが、チャンスでの存在感は今季副キャプテンを務めるクラブの“顔”、豊田陽平を彷彿とさせる。

エリア内での粘りと思い切りの良さ、そして雄叫び!これが林大地だ。

コロナの影響でチコ・オフォエドゥ、イスマエル・ドゥンガといった新外国人FWの合流が遅れているだけに、林が前線のヒーローになることができるどうかは今季のサガン鳥栖を大きく左右する。

そんな林をバックアップするのが、今やJリーグ最強の下部組織となった、サガン鳥栖アカデミー出身の選手たちだ。